時間的な自由度など

デリヘルでは、法律による営業時間の制限がなく、1日中営業することが可能であるほか、基本的に自由出勤制が採用されています。それだけ時間的な自由度が高いのは、デリヘルのアドバンテージと言えます。例えば、昼間の仕事が終わり、店舗型ヘルスなどの営業時間が終了した後でも、デリヘルで働いて収入を得ることが可能になります。デリヘル嬢は、自分の仕事が入るまでの間、自宅やお店の用意する場所で待機します。待機中の時間は、テレビを視聴したり、雑誌を読んだり、仮眠したりするなど、自由度の高い方法で過ごすことができます。

仕事が入ると、お店のスタッフがデリヘル嬢をお客さんの元まで送迎してくれます。そのように、車で移動する時間があり、インターバルを取ることができるのもデリヘルのメリットです。とは言うものの、移動時間は仕事をすることができないため、タイムロスが生じるというデメリットもあります。

昨今では、マットプレイやコスプレ、マッサージ、SMプレイなどを専門的に行なう、さまざまな種類のデリヘルが登場して来ています。また、昼はファッションヘルスやホテヘル、夜はデリヘルと、同じ店舗で、複数の業種の風俗店を営業しているケースも多く見受けられます。